jumping JAP flash 本

new-jumping-jap-flash.jpg
小料理屋 油

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新年明けまして3ヶ月目ですね。もう…

やっとこさ、電子世界に孵ってきました。こんばんは。

毎日、浴びるほどの。…いや、浴びてました、焼酎を。
この血も滲むような努力の果てに完成したそうですよ。

見てみます?雑誌「蜂鳥微動 vol.2」です。

vol2.jpg


こちらがハチドリ商事オフィシャルHPです。もう少し詳しく載ってます。
http://hachidoribidou.web.fc2.com/

書くべき想いは多々あれど、一切を言葉にするなど不粋!
ほんと、言葉でなんて伝えられないよ!この気持ち…
とかって、本当にあるよね?うん…きっと…ある?

テレビが無い。とか、
寝袋で寝てる。とか、
最近、中華ナベ買った。とか、

だから、ほら!
これだけ間があいても書くことが無いなんてこととかじゃないんだよ。

ほら。うん…。…ほんと。


勘弁してください。
日本の皆さんアイシテマス

スポンサーサイト


  1. 2007/03/06(火) 03:33:10|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

夢眠鬼(ムーミントロール)

「鼻をピシャンとぶたれたいの?」

こんなチビのミーがいる妖精の谷のお話。
さあいくぞ。11冊目!

11冊目
DSCF0725.jpg


ムーミン谷の仲間たち/ヤンソン
(提供:リーマンシドビシャス


ついにでた!出た出た出た出た!ムーミンふりかけ(何年前のCMですか?)
皆さんご存知ムーミン一家の大スペクタクルロマン


如来ばりの微笑でどんな難問も片付ける!ムーミンママを中心とするムーミン一家
「あばずれ、意地悪、ハードボイルド」何とでも呼べばいい!チビのミー
自由を愛し自由に死す。あの音色は彼の涙!スナフキン
「どんな生き物にも異端児ってやつは必要なのさ…」自由が故の哀しき異端児!ヘムレン


結構、勘違いしてる人いると思うので言っとくと、ムーミンの話はとっても怖いんです。そして深いんです。
僕らの年代の人がムーミンだと思って、テレビの前でキャッキャ言って観てたあの話は、ほぼ偽者だと思ってもいいのでは?
昔、ケーブルテレビで見たムーミンは怖い。特に「モラン」と「雪の女王」が怖すぎる。
子供ぐらいなら簡単に泣きますよ。
そしてこの本は童話の皮をかぶった哲学書です。
それぞれのキャラにみる人間模様、新キャラ設定の奥深さ。ムーミン谷に日夜起きる事件の意図することとは!
4・50のおっさんが通勤電車や平日昼間のドトールで呼んでも恥ずかしくない。全然恥ずかしくないヨ~!
東スポや競馬新聞もいいけどこいつを呼んでガッツリ泣ける。
…そんな時代遅れの男になりたい…(引用:川島英五)


「ついでに」
作者のヤンソンさんは画家としてもとっても有名で、挿絵はヤンソンさん直筆らしい。こんなスナフキンを見たいがために買ってみるのもアリでしょう!
20050921233826.jpg





  1. 2005/09/21(水) 23:23:30|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

翼をください…お願いします。

「嗚呼…自由になりたい」

そんな人への10冊目

10冊目
DSCF0727.jpg


イリュージョン/リチャード・バック
(提供:リーマンシドビシャス

「救世主」
胸に七つの傷があったり、核エネルギーで動いて、妹が「ウラン」なんて危険な名前の男の子の話じゃないよ。

セスナで空を自由に飛んで、町から町に途中下車。

「さあさあ空の上は天国だよ、10℃は涼しいこと受け合いだ、飛んでるのは小鳥と天使だけときている、たったの3ドル、これがたったの3ドルだ、財布やポケットに眠っている25セント玉なら12個で天使になれるんだよ。」

そんなときに出会った同じ飛行機ジプシーの「救世主」

自由がほしければ、飛行機好きなら読んどけ!
今の生活を変えることも、救世主になることも、マッチョ目指して筋トレも。
全部同じ簡単なことなんだ。


後はやるかやらないか。



  1. 2005/09/21(水) 22:45:31|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

514円ならマックより本でしょ!

「マッスルタッグマッチ」でタッグが組めなかったポンチャイです。
来年は本間君と出ます。


さて、お待たせコロンチャイ。本ブログはっじっまるよ~♪
今日は3冊いっちゃお!うん?足りない?
ダメダメ!健康のために感想文は一日3冊までダゾ!


9冊目
DSCF0728.jpg


囚人狂時代/見沢 知廉
(提供:リーマンシドビシャス

時は19XX年。
世界は核の炎に包まれた…
わずかに生き残った人々は水と食料を求め争い、暴力だけが支配する
弱肉強食の時代へと突入した。
この物語は、破滅の時代を駆け抜けた熱き男達の闘いの記録である。



ウソです。

この本は、作者/見沢知廉さんの体験冒険記。
見沢さんってどんな人?って思うよね?じゃあ紹介しちゃおう!

せ~の!み~さ~わさ~ん♪

「ヤァ!ぼくミッ○ー!自己紹介するよ!」
その1、中学校の頃から活動を始めたバリバリの右・左翼の元幹部だよ!
その2、日本でのゲリラやスパイ粛清事件で逮捕されたんだ!
その3、IQが140あるよ!
その4、新日本文学賞を刑務所でとったんだ!


さて、そんな見沢お兄さんのお話は当時の「スパイ粛清事件」で全国指名手配になってたお兄さんが出頭するところからはじまります。
そこからは、普通の生活では知ることのできない「留置所」や「刑務所」、さらには「八王子医療刑務所」なんてところの体験記。
見沢お兄さんは囚人の中でもVIPクラス(スッゴーイ!)なのでお勤めはあの有名な凶悪囚の巣窟「千葉刑務所」
もちろん中には、当時新聞やワイドショーを賑わせたお方たち。
その人たちとの檻の中での出会いや、語られてこなかった塀の中の日常を楽しく書き綴る。


テレビや週刊誌の情報じゃなく、生のブタ箱生活のリアリティーを感じれば「罪を憎んで人を憎まない」こともできるんじゃない?



  1. 2005/09/21(水) 22:16:50|
  2. |
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:20

あんた大蛇が憑いてるわよ!

最近、机の開かずの引き出しに、謎の泣き声を発する虫がいます。
選んだ道は共存です。

さて、本日最後の本です。
どうぞ。

8冊目
DSCF0691.jpg


怪感旅行/水木しげる
(提供:リーマンシドビシャスsokra tesla
言わずもがなゲゲゲです。
夜は墓場で運動会です。

水木しげるの幼少期から最近に至るまでの妖怪大行進。
僕は妖怪、幽霊の類は見ないし信じないのですが水木しげるはイイ!
こんなにお茶目なジジイはなかなかいない。
戦前日本から戦時中、現在まで話はいたって飄々とのん気なもん。
そのギャップが水木ワールドで、最後には妖怪いたっていいんじゃねえ?と思える。
この人、文もうまい。

お気に入りは「エトラリリ」と「つげ義春」。
どっちも妖怪関係ねえじゃんと思うので弁解します。
エトラリリ=なんか響きいいよね?
つげ義春=「水木しげる」と「つげ義春」のツーショットだけで、三日は話題が絶えないんじゃあないか?

そんな思いでもう一度「鬼太郎」を見てみよう。




  1. 2005/09/08(木) 00:11:38|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 次のページ >>

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。