jumping JAP flash 明日からは、いつもどうりいきます。
FC2ブログ

new-jumping-jap-flash.jpg
小料理屋 油

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

明日からは、いつもどうりいきます。

―はじめに―
今回は、過去の事件に関するサイトの感想を書いたものですが、そのサイトで書かれていることの信憑性や真偽の程は、裁判で争われてはいないので確定されていません。
しかし、実際に起きたことです。(週刊誌でも取り上げられています。)
あくまで個人的な感想です。

僕は今日、ある有名サイトで過去の事件に関するページを読みました。
その事件は裁判で結果が出ていない上、片方の見解に傾倒した視点から書かれているので、客観的な視点を持って読むべきものと思いますが、それでも尚、筆舌に尽くし難いものがあります。

サイトの内容は、某有名なサイトに助けを求めてメール依頼があり、本人の承諾を受けた上で様々な調査をし、本人の意向を受けて事実の言及をします。
しかし、その最中、事件により受けたPTSDの影響により、依頼主の方は自殺してしまいます。

それまでの依頼主の想像を絶する苦悩と事件の残酷さ、こういう結果に至った悲しさは、この感情を表現するすべを僕は知りません。
毎日、様々な場所で起きる事件や事故に今まで実感をもてず、それをわかっていながら出来なかったこと。そして、現状のままでは、これからも同じような事件が起こりうることに悔しく思います。
これから毎日生活する中で、このことは記憶にあっても感情は薄れていくでしょう。
でも、日本から遥か離れたベトナムで、僕がこの瞬間も生活しているように、世界中の何処かで、日本ですら誰かが毎日のように、事件や事故に遭っています。


―この事件に関しては、亡くなった依頼主の方が遺書により事件の言及と類似の事件の再発防止を強く望んでいて、サイト主が今も事件の詳細についてネット上に載せている(亡くなった依頼主の意を汲んで)ことから、勝手に取り上げさせていただきました。
少しでも多くの人が事件を知る、もしくは何か感じていただければ幸いです。
この記事により気分を害した方がいましたら即座に削除いたします。

初めてこの事件を知る方は、非常に凄惨な事件なのでそれをご理解のうえ見てください。http://www.tanteifile.com/diary/index_special4.html
スポンサーサイト




  1. 2005/07/16(土) 05:49:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://5032a6.blog10.fc2.com/tb.php/44-45f2bd52
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。